5S

雑学

5Sとは何か?活動の目的を理解して快適な職場つくりを考えよう!

主に製造業が改善活動の1つとして行っている「5S」

今では当たり前のように、ほとんどの企業が「5S」を採用しています。

皆さんはご存じでしょうか?

5Sとは「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾(しつけ)」の5つの要素のことです。

では、質問です。
5Sの「S」とは何のことでしょうか?
え~っ!
そんなん聞かれても分かんないです~
すごーく簡単ですよ。
先ほどの5つをローマ字にしてみて下さい。

 

整理(Seiri)、整頓(Seiton)、清掃(Seisou)、清潔(Seiketsu)、躾(Shitsuke)

 

もう分りましたよね。

全てをローマ字にすると、はじめの文字が「S」になるんです。

5つのSを「5S」といいます。

この「5S」がなぜ、どこの企業も当たり前に使われているのか?

ここでは「5S」の意味を覚えてくださいね。

5Sの目的

先ほどもお伝えしたとおり、

「5S」とは、整理・整頓・清掃・清潔・躾の5つの要素のことをいいます。

この「5S」を活用して行う活動を「5S活動」といいます。

「5S活動」は、以下のことを目的として行う活動です。

  • 業務の効率化
  • 安全の確保
  • 快適な職場環境
3つの目的のために、5S活動をすると理由は最後にお伝えしますね。

5Sの意味

何度もいいますが、5Sとは「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」のことです。

言葉の意味を正確に理解していますか?

例えば、「部屋を整理しなさい」と言われたときに、あなたはどうしますか?

  • 物が探しやすいようにジャンルや種類ごとに分けて綺麗に並べる
  • 何となく見た目を良くする
  • 本や小物を本棚に置く
  • ぬいぐるみはタンスの上に纏めておく
  • 洋服はタンスにしまう

他にもできることはあるかも知れませんが、この辺にしておきましょう。

以上のようなことを想像した方は、正確な言葉の意味を理解していません。

言葉を理解して正しい行動をすれば、

  • 業務の効率化
  • 安全の確保
  • 快適な職場環境

の目的を達成することができますよ。

では、5Sの意味を1つずつ確認していきましょう。

整理/Seiri

「いるモノ」と「いらないモノ」を分けて「いらないモノ」を捨てること。

整理する人

先ほどの「部屋を整理しなさい」に対して、

考えたことが間違いであることは理解できましたよね?

整理には「片付ける」という意味もありますが、

ここでは「いらないモノを捨てる」ことで理解してくださいね。

「部屋を整理しなさい」と言われたら、

「いるモノと、いらないモノを分けて、いらないモノを捨てなさい」ということです。

整頓/Seiton

決められたモノを決まった場所に置き、いつでも取り出せれるようにすること。

洋服は洋服ダンスにしまいますよね?

「決められたモノ」=「洋服」

「決まった場所」=「洋服ダンス」

これが定位置としてになれば、「いつでも取り出せれるようになった」ということです。

簡単ですよね!

ただ、置き場所を決めて置くだけです。

清掃/Seisou

常に清掃すること。

清掃する人

常に清掃するためには、まず「整理」と「整頓」をしないと「清掃」は出来ません。

この3つセットを「3S」といいます。

清掃と同時に、設備などの異常に気付けるようにチェックすることも求められています。

清潔/Seiketsu

3Sを維持し、綺麗な状態を保つこと。

はじめの3つセットを「3S」といい、「3S」が出来ている状態を維持することで

清潔を保つことをができるというものです。

躾/Shitsuke

決められたルールを守る習慣を身につけること。

4つのSを「いつやるのか?」「どのようにしてやるのか?」などを決めて

ルールを守り、4つのSを習慣化することが「躾」です。

ここで勘違いしてほしくないのが、躾は先輩や上司がするだけではありません。

関係する皆さんが、お互いに言い合ってルールを守るようにするのが「躾」です。

上司や先輩が言わないから「やりません」という考え方をした時点で

あなたの考え方は間違っていることをここで理解してください。

5Sを行うと何が起きるのか?

5Sを理解しても目的を理解していないと意味がありません。

はじめに5Sを行う目的をお伝えしましたよね。覚えていますか?

  • 業務の効率化
  • 安全の確保
  • 快適な職場環境

そう!この3つを目的に5Sをするんです。

業務の効率化

なぜ、業務の効率化を目的に5Sをするんでしょうか?

答えは簡単です。

今からお話する、Aさんと、Bさんを見れば、なぜ5Sが必要なのかが見えてくるハズです。

ある日、上司からこう言われます。

今からこの書類を読んで捺印をしてほしいので、2人とも自分のハンコを持ってきて。

AさんとBさんは同時に自分たちの席に行き、ハンコを持って上司の元に戻りました。

Bさんが戻ってきた時には、Aさんは既に捺印が終わっていました。

どちらの席も隣り合わせなので、距離は全く同じです。

分かった!
Bさんの席は整理整頓が出来ていなくて、ハンコを探していたんだ!

そう!正解です!!

Aさんは、決まった場所にモノが置いてあるので、すぐに取り出せたんですね。

5Sが出来ないBさんは、ハンコを探している間にAさんとの差が出来たということです。

この差は時間にすると1分程度かも知れませんが、仕事はこの1分がとても大きいのです。

私たち社員は1日8時間という決まった時間の中で働いています。

効率が悪いから「残業して終わらせます」という考え方は、

会社にとって「悪」でしかありません。

残業するという事は、会社は残業代を支払う必要があります。

また、あなた一人が残業することで、本来必要のない電気などのエネルギーが発生します。

もっというなら、仕事は一人ではできません。

行ったことをチェックする先輩や上司、

あなたが作った資料やモノを使って仕事をする人など、

仕事にはたくさんの人が関わっています。

あなたの仕事が遅いと、次が迷惑するんです。

だから!

5Sを定着させて無駄だを排除し、効率をあげるんです。

安全の確保

こちらは、特に製造業で重視されていることです。

5Sを徹底することで、いろいろなものが見えてきます。

毎日、機械の5Sをすることで、異常に気付ける可能性も増えてきます。

5Sを怠り、異常に気付けなかった場合、何が起きるのか?

機械に異常があった場合を考えてみましょう。
  • 機械の火災や電気のショートによる感電
  • 機械誤動作による人身災害
  • 不良品の製造(出来上がった製品で大きな事故が起きる可能性)

など、他にも考えれることはありますよね。

お店の場合、「棚の固定ボルトが外れて倒れる」「通路が雨で濡れていて滑って転ぶ」

まだまだ出てきますよ!

5Sをすることで、危険を取り除くこともでき、異常に気付くことが出来るんです。

快適な職場環境

5Sをすると、とても綺麗な職場を作ることが出来ます。

皆さんが働くなら、綺麗な職場か、汚い職場のどちらが良いですか?

まあ、100人に聞けば100人が綺麗な職場を選ぶでしょう。

快適な職場環境

職場ではなくても、皆さんが外食に行ったとしましょう。

  1. テーブルや出てくる食器やグラスが綺麗なお店
  2. 前回のお客さんがこぼした食べカスが、床に落ちているお店
  3. 出された食器やグラスの汚れがちゃんと落ちていないお店

皆さんはどのお店を選びますか?

私なら、快適に食事ができる1のお店を選びます。

5Sが定着していると、皆さん自身が快適に働ける職場になるんです。

目的の応用

5Sの目的が、

  • 業務の効率化
  • 安全の確保
  • 快適な職場環境

であることは理解して頂けましたね。

では、もう少しだけヤル気の出る考え方をしていきましょう。

  • 〇〇業務の効率化を目的に5Sを行う
  • お客様の安全確保のために5Sを行う
  • 毎日気分よく働けるように5Sを行う

どうでしょう?

さっきより「あっ、なんか5S頑張ろ」ってなりませんか?

ただ「業務の効率化」「安全の確保」「快適な職場環境」を目的に!

といわれても、あまりヤル気出ませんよね。

でも、「〇〇業務の効率化」「お客様の安全確保」「毎日気分よく働く」となると、

何をするべきかも見えてきませんか?

〇〇業務の効率化を目的に、整理・整頓・清掃・清潔・躾を定着させるなら、

  • 業務で使う道具が綺麗に並んで、取りやすい状態になっている。
  • 業務場所や道具が清掃されているので、使いやすい。
  • 清潔感があるので、ストレスフリー♪
  • 誰でも出来るように表示がされている。
こんなことを考えてやるべきことを決めると、少しはヤル気出るでしょう。

まとめ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

今回、しつこいくらいに「5S」という言葉を連呼しました。

皆さんの脳に「5S」という言葉が刻み込まれたのではないでしょうか。

言葉を知っていれば、いつでも調べることが出来ますので、まずは「5S」を覚えて下さい。

そして「5S」を定着させる意味を理解して下さい。

なぜ、やるのか?

  • 業務の効率化
  • 安全の確保
  • 快適な職場環境

この3つが目的であること。

3つの目的をヤル気の出る目的に置き換える。

そして、やるべきことを決めて定着させる。

この流れを忘れないで、「5S活動」を楽しんで下さいね♪

< 関連記事 >

【ジョハリの窓】やり方を徹底解説!自己分析にはコレがおすすめ

【PREP法でビジネス文書】驚くほどに文章力がアップする書き方!

【QC活動のやり方】ストーリーや7つ道具を分かりやすく説明してみた

リスクアセスメントのやり方を簡単説明!安全で安心な職場づくり

KYTとは何か?製造業などで働く人の安全を目的に行う活動。

職場のコミュニケーション手段に「ホウレンソウ」を活用しよう。

QSC+Hとは?チェックする項目で顧客満足度アップを目指せ!

接客7代用語とは?サービス業を始めるなら知っておきたい言葉

【Evoonのバックパック】マルチビジネスリュックのレビューと評判

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

てら

某鉄鋼メーカーで総務をしています。趣味レベルで活動しているスポーツ関連や、さまざまな経験から自己啓発、ブログ初心者向けの情報を発信していきます。

-雑学
-, ,

© 2020 tera-station