熱中症対策で水分補給する女性

スポーツ

【熱中症】条件や症状を把握して、しっかり対策!

5月下旬ころから各地で順々に梅雨入りしていきます。

外での運動が出来なくなり、室内で筋トレやストレッチ、ヨガなどをやられる方が増えてくると思います。ここで注意しないといけないのは「熱中症」です。熱中症は真夏になるイメージがありますが、実は梅雨時期から気をつけないとけないんです。

ここでは、熱中症になりやすい条件や症状・対策などを、紹介していきますね。

熱中症とは

体内に蓄積する熱によって、水分や塩分のバランスが悪くなり、体温調整ができなくなり、様々な症状が出る体調不良のことです。

熱中症

熱中症の症状

症状はⅠ~Ⅲにランク付けされ、数字が高くなるとほど危険度が高くなります。気付けは救急車を呼ばれるほど重度になっている場合もありますので、いち早く自分の体調変化に気付けるようにしてくださいね。

  • Ⅰ度:大量の発汗、筋肉痛、筋肉の硬直、立ちくらみ
  • Ⅱ度:頭痛、吐き気、嘔吐、不快感、倦怠感
  • Ⅲ度:意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温

熱中症になる条件

気温が高くなることで、熱中症になる可能性があることは、誰もが予測できるところだと思います。他には室内で空気の流れのない場所や、日差しの強さなどが原因です。また、気温が高く、風通しの悪い場所で、湿度が高くなるとサウナ状態となり非常に危険な状態になります。睡眠中でも熱中症になりますよ。暑くて湿度の高い時期に、エアコンを付けずに寝ると自然と出る汗によって、体内の水分が失われ熱中症になってしまいます。

以上の環境だけでなく、その日の体調でも変わってきます。寝不足や水分補給をされていないなど、その弱った身体に熱中症は襲いかかります。

熱中症対策

では、熱中症にならないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。

  • こまめに水分をしっかりとる(水よりもスポーツドリンクが良い)
  • 塩分を補給する(塩飴やタブレットで補給)
  • 汗を拭きすぎない(汗は体を冷やす効果があります)
  • 外では帽子をする(太陽の熱を直接吸収しないようにしてください)
  • 風通しの良い環境にする(熱・湿気を逃がす)
  • エアコンがあればエアコンオン!(涼しくて良い!)

水分

熱中症の危険がある季節は、水分・塩分をすぐに補給できるように持ち歩くようにしてくださいね。

熱中症になった際の処置

もし、自分や周りの人が熱中症の症状が出てしまった場合は、まずは涼しい場所に移動してください。外であれば日陰に移動し、直接太陽の日差しに当たらないようにしてください。その際、少しでも風通しの良い場所を選んでください。自力で水分や塩分を補給できる状況であれば、水やスポーツドリンクで水分補給をし、同時に塩飴などで塩分を補給してください。自力で補給ができない場合は、身体を動かすことが困難な状態になっていると思いますので、迷わず救急車を呼びましょう。

また、首や両脇、股関節部分にアイスノンや冷えたタオル、自動販売機で購入した冷たいドリンクを当てると、効率よく体温を冷やすことが出来ます。

いま熱中症になってしまったときには「OS-1」がオススメです。健康な人が飲むとしょっぱくて飲めないくらい塩分を一気に補給します。500mlを一気に飲むとスッと回復するといわれています。

[affi id=29]

さいごに

いかがでしたでしょうか。熱中症って真夏のイメージがありますが、じつは今からの湿度の高い季節になりやすいんです。しっかりと対策をして頂き、少しでも様子がおかしいと思ったときは早めの処置をしてください。しっかりと対策して頂き、楽しい汗をかきましょう。

[author_box label=この記事を書いた人]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

てら

某鉄鋼メーカーで総務をしています。趣味レベルで活動しているスポーツ関連や、さまざまな経験から自己啓発、ブログ初心者向けの情報を発信していきます。

-スポーツ
-, ,

© 2020 tera-station